..., and trips

noreizoko.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅 ( 464 ) タグの人気記事


2016年 09月 18日

アジアー欧州二週間の出張 その3 ペナンをぶらっと。ホテルの朝食とかもね。

f0169800_23535698.jpg
 本日二本立てにて。

 最終日の夜は一人だったので、市街から海沿いまで足を伸ばして、老舗のホテルからパチリ。
f0169800_23430897.jpg
市街に戻って一人飯。オーラを発していたチキンライスのお店。魅力のある食事でした。
f0169800_23430723.jpg
清潔感もあり、
f0169800_23430954.jpg
異国感もあり、かつ、入りやすい。
f0169800_23430622.jpg
巨大なストリートアート。
ーーーーーーーーーー
f0169800_02133662.jpg

仕事飯で唯一記録の「チャイナハウス」。ここは素敵ですね。
f0169800_02133703.jpg
カウンターの真ん前に着席
f0169800_23425938.jpg
ラクサをいただく、が、フュージョン的で、期待とは違った。まあ、いいんです。
f0169800_02134002.jpg
通りの見える席は喫煙ができお気に入り、よったら、知人がすでに最前席に座っていた。そうよね、そこが最高よね。などとはなしつつ、、、
f0169800_02134123.jpg
ビールをいただく。美味しかったな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0169800_23405174.jpg
朝食は毎日ホテル。ローカル、中華、洋食があったけども、私は麺。幅広の米麺をいただく。

f0169800_23425581.jpg
 ジューススタンド。他に、エッグスタンド、ヌードルスタンドがありました。パンは持ち帰り用の袋まで用意されていましたよ。
f0169800_23425388.jpg
お粥の薬味たち。なぜかこれだけ撮ってあったので、記録に、一応。
f0169800_23425633.jpg
二日目もヌードル。たまご麺にしたと思う。
f0169800_23425780.jpg
 インド/マレー的なご飯も少し。以下のカレーが美味しかったな。


f0169800_23431076.jpg
三日目もヌードル。幅広の米麺の方が好みなんですね、あたし。ディムサムもちょっとつまみました。
f0169800_02134126.jpg
もう一回、水際の老舗ホテルそばからの海。そして旅はつづく〜。

[PR]

by noreizoko | 2016-09-18 23:59 | 旅-アジア・オセアニア
2016年 09月 18日

アジアー欧州二週間の出張 その2 ペナンでストリート・フード

f0169800_23403956.jpg
 ペナンには3泊。ペナンはストリート・フードが美味しいと聞いて、地元の人といそいそ夕飯。
これはやっと会えた的アッサム・ラクサ。うーん、KLの空港で頂いたラクサのほうが美味しかった記憶。記憶はあてにならないけどもね。
f0169800_23404033.jpg
 同行のオーストラリア人はラクサはいやと、炒めた麺。美味しそうだったけども。
f0169800_23535643.jpg
 このラクサを食べたストリートには、アイスカチャンの有名な屋台があるらしくて、ならんでました。いただなかったけれども。
f0169800_23404141.jpg
 小腹を満たして、次なる場所へ。途中に素敵なニョニャの建物があったので、聞いたらホテルもやっているらしい、新しくてとても素敵だそうです。調べたら、確かに。が、た、高い(笑)
f0169800_23404145.jpg
で、アートストリートまでテクテク。
f0169800_23404245.jpg
 アイスをいただく。
f0169800_23405038.jpg
これは絶品でしたね、
f0169800_23405239.jpg
違う日の違うメンツと、違う屋台村で。
f0169800_23405377.jpg
わたしは、もう一回ラクサを食べたかったけど、地元の友達一押しのホッケンミー=福建麺をば。ペナンのこれは炒麺じゃなくてエビ出汁の汁麺。
f0169800_23405415.jpg
麺は卵麺とビーフン二種。ペナン名物だそうです。美味。
f0169800_23405514.jpg
さてとか、(ソースはトムヤム味)
f0169800_23411233.jpg
下記のオムレツとか、
f0169800_23411205.jpg
おでんみたいなそうでないのとか。タコがプリプリでうまし。
f0169800_23411318.jpg
こんな楽しげな外観です。
f0169800_23425896.jpg
違う場所では魚を干しておられたので、バチリ。何に使うんだろう〜。



[PR]

by noreizoko | 2016-09-18 23:58 | 旅-アジア・オセアニア
2016年 09月 10日

アジアー欧州二週間の出張 その1 旅の支度とか、機内食とか、シンガポールその1 ペナンへ移動 

f0169800_15221888.jpg

 当初は三泊四日のペナン出張のみの予定が、どうせどこかを経由しなければならないのならと、シンガポールに寄ろうと。そのあと、直後に欧州出張を決め、一旦日本に戻ろうかとも思ったけども、結局、復路のシンガポール〜東京の便をうんと遅らせ、シンガポールー欧州の便を別途とって、ぐるっと回ってきました。

 仕事以外の懸念は荷物。どっちも北半球とはいえ、気候が違うので、衣服の持ち物を用意するのにいつも以上の時間を要しちゃった。今後そういうこともあるかもしれないと備忘に記録。

-カバン 機内持ち込みサイズのトランクと、普段使っているバック
-服:7分丈のデニムパンツ×1 インド綿のシャツブラウス×2 インド綿の短いワンピ×1 麻のたっぷりしたワンピ×1 半袖Tシャツ一枚、長袖Tシャツ×1、下着セット×4(上はキャミソール3ランニング1) 靴下2 秋用のウールのジャケット×1
 パーティー用のブラウスとパンツ各1、シルクのぺちゃんこになるクラッチバック1、真珠のネックレスとイヤリング1 サンダル×1 ストール1
その他洗面用具と充電機類とか眼鏡とか。

※ インド綿の服はとにかく嵩張らなくて皺になりにくのがいい。乾きも良いし。下着は移動が多く洗濯のタイミングを考えると5セットあったほうがいいかともおもっていたけど、欧州は洗濯物がすぐ乾くので(ジーパンも即日乾燥した)、4セットでも多いくらいだった。欧州は天気の良い週にたまたま当たったのでながそでTシャツは着用せず。綿のカーディガンとウールのジャケットがあったから不要だったかも。
 
 荷物が増えた時のために折りたためるサブバックを持って行ったけど不要だった。これ結構かさばるから、具体的な予定がない限りいらない。

 ナチュラルローソンで売っている無添加石鹸を一個持って行ったけど、これは役に立ちました、特に洗濯に。
 
 移動時はスニーカー、Gパン、インド綿のシャツブラウス、綿のカーディガンで。


 冒頭の写真は Ntional Musiem of Singapore。
 シンガポールには夕方着で、YMCAに宿泊。空いていてラッキー。すぐ側にあるここのカフェで打ち合わせ。なんか、シンガポールの芸術文化施設のリノベがすごい勢いですすんでるのね。
f0169800_15221984.jpg
この夜はカジュアルなパーティにお呼ばれ。道路にケータリング出してた。すごいな。道を塞いじゃっているわけです、側道ですけども。
 文化施設内でのケータリングとかその辺が非常に鷹揚で羨ましい。というか、日本がうるさすぎると思う。ちょっとここまで絨毯や壁の汚ればかり気にする国は他にはないんじゃないか、くらい。
f0169800_15222005.jpg
ダックのロースト
f0169800_15222163.jpg
豚のロースト。他にもたくさんありました。
ーーーーーーーーーー
f0169800_15221684.jpg
今回、アジア移動はシンガポール航空を利用。和食をいただく。まあまあ。
f0169800_15221783.jpg
リフレッシュメントはデニッシュだったかな。こう記録すると、この頃はもうすごく前のように感じて記憶が・・・
f0169800_20105377.jpg
翌朝いしんがポールからペナンへ移動。シンガポールーペナンはシルクエア。このシルクエアはシンガポールエアの兄弟みたいな会社で、シンガポール拠点でアジアへ移動する際に、シンガポールエアのサイトから買うと、ほぼこのシルクエアを使うことになる。が、スタアラじゃないんですね。なので、ラウンジ使えず。これはどうなのよ、といつも思う。
たしか、空港で、ドライのワンタン麺を朝ごはんに食べたはず。機内食は胡椒が効いたチキンのサンドイッチ。朝食でないと思って空港でいただいたんだけれども、これでじゅうぶんだったなあ、と思いつつ。


[PR]

by noreizoko | 2016-09-10 15:49 | 旅-アジア・オセアニア
2016年 09月 10日

アジアー欧州出張

f0169800_02342115.jpg
 ぐるっと、二週間の出張から帰ってきました。写真はペナンの海
[PR]

by noreizoko | 2016-09-10 02:37 | 旅-アジア・オセアニア
2016年 08月 21日

7月の新長田日帰り出張

 本日3本立てにて。また次の出張がすぐなので、追いついた。しかしもう旅日記しか書いてないな。


f0169800_18021504.jpg
 日帰りで新長田出張。昼前に到着して商店街で昼ごはん。前回感動した冷麺。至便な場所に支店があると知り寄っていただく。うーん、おいしかったけどあの感動はなかった、ちょっと残念。いや、美味しかったです。
f0169800_18021506.jpg
 会議はこんな和風な座敷。二階で窓を前面に開けて。気持ちいいけど、会議よりは昼寝にぴったりだった(笑)
f0169800_18021549.jpg
 もうすぐ海だったのかな?



[PR]

by noreizoko | 2016-08-21 18:08 | 旅-国内
2016年 08月 21日

バンコク・カンボジアその8 アンコール・トム

f0169800_16255300.jpg
 続いて、アンコール・トムに行きました。最初にバイヨン寺院。
f0169800_16255276.jpg
 バイヨン寺院周辺のすごい木の元。これもガジュマルなんだろうか・・・。
f0169800_16255447.jpg
バイヨン寺院。
f0169800_16255546.jpg
 レリーフが本当に見事。
f0169800_16255693.jpg
 何十もみたんだけども、あんまり写真は撮らなかった。
f0169800_16263722.jpg
 中階に上る際に振り返ってみた、門の石像的レリーフ
f0169800_16263838.jpg
中階の周りの彫像のお顔。惹かれました。
f0169800_16264027.jpg
特にこのノーブルな横顔。
f0169800_16264063.jpg
やはり回廊が周囲に巡る。
f0169800_16264142.jpg
そこここに見事な彫像。
f0169800_16264200.jpg
f0169800_16264357.jpg




f0169800_16272177.jpg
f0169800_16272278.jpg
降りてくると 仏様がお迎えくださいました。

ーーーー閑話休題ーーーー
このクメールの仏様のお顔、写真でみるポルポトの顔とそっくり。クメール的イケメンの顔なんでしょうかね。
ちなみに、今回の出張で知り合ったダラという青年もクメールの仏様顔。

f0169800_16255014.jpg
 大変優秀な30前半の彼。
f0169800_16254979.jpg
ちなみに、このココナッツ、滞在中は毎日欠かさず飲んでました。汗をかいた後に飲むと本当に染み渡ります。
ーーーーーー
f0169800_16275448.jpg
さて、もどります。
f0169800_16275582.jpg
バイヨンのあとにはヒンズー寺院のバプーオンに向かいます。

門から寺院まで真っ直ぐな道。

f0169800_16561874.jpg
これが、長くて、かんかん照りで、ちょっとひるむほど。
f0169800_16561900.jpg
真ん中くらいで        
f0169800_16275607.jpg
降りかえったところ。10分くらい歩いた気がしますが、どうだったろう・・・。
f0169800_16275707.jpg
 サイドに生えてた大きいガジュマル。
f0169800_16562041.jpg
 ものーーすごーーーーく急な階段を上って中階へ。そこから見下ろした路。この上の階段はもう、ロッククライミングくらいに見えたので、登らず。
f0169800_16275917.jpg
中階の回廊をぐるっと回り、上からの写真。
f0169800_16280043.jpg
その後、象のテラスの前などを通りつつ、アンコールトムの南大門(この脇に鎮座する彫像群が見事で、往路ではトゥクトゥクはゆっくり通ってくれたのでよく見られました。が、写真とらなかったみたい)を抜けて市街に戻ります。のべ2時間半くらいだったかな。太陽の照りと急峻な階段の上り下りで結構ヘトヘト。

[PR]

by noreizoko | 2016-08-21 17:07 | 旅-アジア・オセアニア
2016年 08月 19日

バンコク・カンボジアその7 アンコール・ワット

f0169800_22562004.jpg
 ホテルをチェックイン後に急いでアンコール・ワットに向かいました。ボルブドゥールとここは一度は行ってみたいと10代の頃に思っていたので感無量です。
f0169800_22192786.jpg
 ホテルのレセプションで聞いてみると、もう閉まっていると言われてしまう、15時半くらい。うーん、明日の午前中にしようかと思いつつ、今夜の打ち合わせ次第では、明日時間がなくなるかもしれないしと思っていると、少し年長の青年ホテルマンが、ミュージアムに行けばいい、などと言ってくれます。
 ??
 アンコール遺跡群の見学には、アーンコール・ワットの入り口でチケットを買わなければならないのだが、チケット売り場はもう閉まっている。しかし、美術館では買えるとのこと。そうかそうかと。とにかく向かいます。17時半には閉じるらしく実質2時間くらいかもなどと思いつつ。
f0169800_22561778.jpg
 無事ゲット。写真入りの1日券、20ドル。3日券もあるので、明日のことを考えて聞いたら40ドルだったので、まずは1日券。
 何時まで見られるの?と聞くと、18時までと言われます。あら、と、トゥクトゥクの人にそう伝えると、「だから、17時半までははいれて、出てくるのは18時まで」とのこと。あ、はい。わかりました。
 
ちなみに、市内のホテル→アンコールワット→アンコールトム→市内→アンコールとは逆側に位置する夜の打ち合わせ会場、まで送ってれて20ドル。3時間半くらい付き合ってくれた。
 打ち合わせ会場からホテルまでよければ待っていると言ってくれて、いくら?と聞くと、3ドルに負けてくれるとのこと。
 安心感のある運転手さんで、ストレスなく回れて本当にヨカッた。

 ここまで市内からトゥクトゥクで7、8分?くらいだったかな。ここで、ばったり、シェム・リアップまで連れ来てくれた運転手さんと会う。なんでも、別の組みの市内観光の運転をして、彼らを明日プノンペンまで連れて帰るとのこと。「××」と私の名前を呼んでくれて、再会を嬉しそうにニッコリしてくれました。名前忘れちゃって残念。
f0169800_22561855.jpg
 プノンペンや、シェム・リアップへの道端でよく見たこれ。ガソリンを販売しているのでした。トゥクトトゥクの運転手さんが止まって買っていたので判明。爆発とか大丈夫なのかと、ヤワな日本人の私。
f0169800_22561962.jpg
じゃん。ついに、到着。こんなゲートを抜けて
f0169800_22562180.jpg
アンコール・ワットです。
f0169800_22562281.jpg
 かんかん照りの道をヨタヨタ歩いて寺院本堂の手前まで。いやあ、急な階段です。ここは登れず迂回して、違う階段を登りますが、ほとんど登山。
f0169800_22562368.jpg
 やっと中階に到着。
f0169800_22564224.jpg
こんな風に周りが回廊になっております。
f0169800_22564353.jpg
レリーフが美しい。。
f0169800_22564402.jpg
回廊を回ってみます。もう少し上までいけるようでしたが、なんか最近足元に不安があるのでやめました。ちゃんとした靴を履いてこなかったし。
f0169800_22564520.jpg
このレリーフは
f0169800_22564638.jpg
こんな風にびっしりと彫りこまれているうちの一つ
f0169800_22564719.jpg
回廊の壁面です。
f0169800_22564888.jpg
そしてまた、元来たこの道を出口まで歩く。これが、ものすごく暑くて、かつ長い。5分以上、いやもっと歩いたと思います。帽子がないので、持っていたクロマー(プノンペンのセントラルマーケットで買った、スカーフ?手ぬぐい?)を駆使して帽子にする。これが結構いけるわけです。すれ違う方もやってらしたので真似しました。
 このクロマーは優れもので、タオルにも、帽子にも、日よけ(両腕を覆って手首で結ぶ)など、いろいろできます。柄もチェックで可愛い、かつ色のバリーエーションがたくさん。洗濯してもすぐ乾くしね。
f0169800_22564950.jpg
さてさて、次を目指します。

[PR]

by noreizoko | 2016-08-19 23:18 | 旅-アジア・オセアニア
2016年 08月 18日

バンコク・カンボジアその6 プノンペンからシェム・リアップへ車で移動。

f0169800_22191163.jpg
 プノンペンからシェム・リアップへの移動手段を直前まで決めずにずっといて。というのは、うん十年前にタイを旅した時に陸路でアンコールワットに行きたいと思いつつも、その頃は外国人観光客は入国できない時代。地図上ではすぐなんだけどもねえ、などとのことを思い出して、バス移動に心を奪われていたのだ。

 で、直前まで飛行機かバスのどちらかにしようとまよっていて、結局、車をチャーターすることに。
 プノンペンからホテルに行く際、仕事先の人が手配してくれたタクシーで移動しましたが、その運転手さんにシェム・リアップまで車で移動するとしたらいくらくらいか聞いたところ「60−70米ドル」

 飛行機だと飛行時間は45分くらいで値段は150ドルくらい。(1社しか飛んでないので高い)もたもたしていたら、都合のいい時間はもう埋まってしまっていた。バスは快適らしいけども7時間以上かかるらしい。ジャイアント・イビスという会社のバスは車体も新しく、座席も快適でwifiまであるらしい。値段もなんと15ドルくらい(バスの中では一番高かった)。サイトから簡単に予約できます。なので、、心揺れたけども、結局車をおねがいすることにした。

 仕事先の人にきいたところ80ドルと言われたけども、ホテルに手配してもらったら70ドルでした。車体はレクサス?だったかな。とても快適。こんな車窓をずっと追いながら向かいます。

 道がとても綺麗ですねと聞いたところ、去年だったか、最近整備されたそう。それまでは陸路だと10時間とかかかったらしい。今は道がきれいなので5時間くらいと言われる。空港まで行って、搭乗まで待って、降りて空港でて市内まで行って、など飛行機のロスタイムを考えると1時間も変わらないのではないかと思います。公共交通手段と違って自分の都合に時間を指定できるしで、お勧め。
f0169800_22191328.jpg
ココナッツジュース(丸のままの)が飲みたくて、途中で寄って買いたいとお願いしたけども、なんかうまい具合に見つからず(売ってたんだけども、そういうところでは止まってくれない。で、昼時に、ここのお店に休憩でよる
半屋外のレストラン。たいへん清潔。といえば、カンボジアはどこに行ってもトイレがきれいだった!そんな高いレストランじゃなくてもです。言っちゃなんだけども、東京の場末の食堂なんかよりもずっときれいだった。偶然かな・・・。
f0169800_22191897.jpg
彼が食べていた、ビーフ・ロックラック?牛肉の黒胡椒炒めみたいの。こちらも代表的なクメール料理だそうで、美味しそうでした。
f0169800_22191698.jpg
 私はココナッツジュースが飲みたかったけども、なくてがっかり。スイカジュースをお願いしました。
f0169800_22192426.jpg
クイティウが食べたかったけど、朝と夕方だけと言われてがっかり。パッタイをいただく。結構おいしかった!
f0169800_22191756.jpg
こちらは運転してれた彼。名前を伺いましたが、忘れてしまった。なんでも観光学を学んでガイドをしてるそうですが、車を購入してその借金を返さなければならないので、こうやってアルバイトをしてると言っていました。
f0169800_22191498.jpg
 レストランからみた、今まで通って来た道。
f0169800_22210330.jpg
そして、これから進む方の道。
f0169800_22191548.jpg
 レストラン裏手の風景。なんかあんまり写真を撮らないまま移動してしまいましたが、ずっと風景を見ていました。緑の濃い、豊かな大地という印象。雨季なので観光客が少ない時期らしい。しかし、雨季の方が本当は緑が濃くてきれいだと言ってました。私の滞在中は天気も良好でそれほど雨は降らず。降った後は涼しい。
f0169800_22192582.jpg
 休憩入れて5時間半くらいでシェムリアップのホテルに到着

 ホテルは「ダムレイ・アンコール・ホテル」というところです。

 このホテルにしたのは、去年オープンの新しいところだったから。プノンペンのホテルは快適だったけどもシャワーの水量に不満があって。1日何回もシャワー浴びるのでね。

 新しい宿だったら、そんな心配ないだろうと思いまして。とてもきれいで、かつ水量も十分で満足。また、シェムリアップは大きなホテルが多いですが、そういうホテルは入り口まで行くのもたいへんとか、いろいろあるじゃないですか。部屋数もちょうどよくて、こじんまりと落ち着いたところでした。15mくらいのプールもあります。私は泳がなかったですが。

 スタッフが皆さん若くて(ほとんど10代にみえた)、感じもよくて一生懸命で好感が持てます。

 次またシェム・リアップに来ることがあったらまたここに泊まりたいと思いました。
(しかし、プロフェッショナルなサービスを望むならあんまりお勧めしない感じ。)

 予約サイトから二日分(一泊しかしないんだけども、バンコク行きの飛行機が夜の10時くらいだったので、レイトチェックアウトができない場合に備えて)予約したけども、受付で交渉すると、サイトよりも安い金額で、交渉して6時までいて良いと言われました。助かった(延長分を払いましたが、一泊の半額くらい)。

 もっとも、雨季のために観光客が少ない時期らしくて、ホテルはどこも空いていました。これだったら飛び込みで入っても良かったかもしれません。

f0169800_22192657.jpg
して、荷物を置いて早速出かけます。もうあんまり時間がないので焦る。
f0169800_22192786.jpg
ここに寄ってチケットを購入して・・・。つづく






[PR]

by noreizoko | 2016-08-18 22:46 | 旅-アジア・オセアニア
2016年 08月 17日

バンコク・カンボジアその5 プノンペン 四日目

f0169800_09415996.jpg
ホテルの朝食会場の様子。メニューから選べます。
f0169800_09415727.jpg
フルーツは全てについてくる。前日、前々日はフルーツしかいただかなかったのですが、
f0169800_09415850.jpg
 最終日にはこれを。クイティウがいただきたかったんですが(カンボジアの一般的な朝食と聞いていたので)、春雨のスープしかなかった。美味しかったです。
ーーーーーーーー
f0169800_09415920.jpg
午前中はスールトゥレン博物館へ。ポル・ポトとナチの決定的な違いの一つは、公に裁かれておらず、学校でもほとんど教えないそう。歴史の空白とトラウマをそのままに平均年齢24歳という国のこれからのリーダーたちの苦悩は如何許りか。
f0169800_09420084.jpg
 外観のみ撮影可でした。
f0169800_09420154.jpg
このような収容所がカンボジアにどれほどあったのかもはっきりしていないそうです。
f0169800_09423352.jpg
キリング・フィールドには次回の旅でと思いつつ。
ーーーーーー
f0169800_09423492.jpg
最後のみんなでの昼食に出てきた甘味。
f0169800_09423500.jpg
午後の打ち合わせの合間にセントラルマーケットを覗いてみました。
f0169800_09423605.jpg
すごく美しい天井
f0169800_09423737.jpg
日用品、家電、服、食料、いろんなものが売ってましたが、写真撮るのが幅かれたので、これ一枚
ーーーーー
f0169800_09423757.jpg
最後の食事は駐在している日本人と会食。またホテルのレストラン。右奥にあるのが烏賊の生コショウ炒め。コショウが本当に美味しかった。

[PR]

by noreizoko | 2016-08-17 10:01 | 旅-アジア・オセアニア
2016年 08月 15日

バンコク・カンボジアその4 プノンペン 三日目

f0169800_21102274.jpg
 プノンペンではとにかくトゥクトゥクに乗らないと移動ができない。日中暑いし、道が歩きやすくないので、15分以上の徒歩は余裕がないと辛い感じ。独自通貨のリエルはあるけど、少なくとも外国人は1USドル以下のお釣りが出た場合だけ使って、基本は米ドル。目的地を伝えて交渉します。一人で乗ったりするとちょっと高い気がするんだけども、よくわからんね。2ドルとか3ドルでチャーターするわけだからねえ。地元の人と乗ると安めな気がするけど、そんなに変わらん気もする。まあ、とにかく安全ならばいいよね。

 旅前に、プノンペンは結構荒れている(小さい荒っぽい置き引きひったくりの類が多いと聞いていたし、トゥクトゥクも気をつけれといわれていた)と聞いていたので、ちょっと最初はビビってましたが、まあ、結局、人柄。多くの方は英語が御上手。

 もうなんとなく、真面目そうで、おおらかそうという人にお願いして、少し交渉した時に大丈夫そうかどうか決める感じ。90%以上は普通に平気そうだけど、あとは、まあ、怪我したりそれ以上に危ない目に合うかどうかはともかく、女一人では交渉した金額と違うとかのぼったくりとかはあるかもね、という感じでした。この割合だと、「事故」という以上の確率かもしれませんので、一人の時や夜間の利用は気を引き締めるべきだと思いました。
 しかし、町は排気ガスもすくなく、トゥクトゥクは快適。それなりの交通量ですが、乗用車がピカピカ。
f0169800_21102421.jpg
こんな感じで楽しい。
f0169800_21102597.jpg
国立美術館。クメール美術の宝庫です。本来は屋外の寺院などにあったものを、ポルポト時代に壊されたり、倒されたりしたものから、特に貴重なものを保存・補修している感じです。素晴らしかったです。
f0169800_21102692.jpg
ヒンドゥー、イスラム、仏教などが混在している歴史の中から、それぞれの時代の彫像。撮影していいものと悪いものがあって、撮影禁止の方がより見事でした。浅い時代の彫像は裸像が多い。それは、熱帯らしく着衣の歴史は少なくと日本よりはずっと浅い。(何世紀からと説明されてましたが忘れてしまった、とほほ)。豊かな大地なんですね。
f0169800_21112038.jpg
みんなでシェアした昼食。このナムプリック的ペーストと生野菜というのが充実している。これは確か、お肉だったと思う。地元に住んでるUKの人によるとプノンペンのレストラン(屋台はわからじ)の水や氷は安全だそう。実際、生野菜や氷入りの飲み物を頂いても、全然お腹を壊す気配がありませんでした。
f0169800_21112345.jpg
で、こっちは魚と小さい青ナス。タイ料理のほうに慣れている自分としては、辛くないタイ料理とどうしても思っちゃう。美味です。
f0169800_21112249.jpg
ゴーヤの和え物。これが苦味少なくて爽やかで美味しかった。
f0169800_21112156.jpg
カレー類も辛くない。これはたしか、カエルだった気がする。
f0169800_21102711.jpg
その後午後のプログラムのため移動。左はイケメンかつオシャレなキュレーター。右はイケメンでマジメ(そう)なラオスのキュレーター。無断で掲載
f0169800_21102837.jpg
古い建物をリノベ(というほどでもない)してアートセンターなどにしているらしい。
f0169800_21112404.jpg
 この日の夜は一人、ホテルのレストランでいただく。ここ美味しい。ラープを試してみたくて、それと、玄米。ラープ辛くないのね。食材がすばらいいので、美味しい。
 「クメール・スリン」という、古い建物を改装した古民家的なところで、上階がホテル。雰囲気があって私は好きですが、虫の嫌いな人はやめたほうが無難。ここのレストランはクメール料理の有名店だそうです。ビールもいれて、12、3ドルくらいだったかな?物価に比して安いのか高いのよくわからなかったけども、日本人の私としては満足の味とお値段です。
f0169800_21112519.jpg
 夕食の後に、今回合流したラオスからの彼と、ナイトマーケットに行ってみる。これはとっても端の方。行ってみたいけど、日が暮れたあとは一人で出歩かないほうがいいと読んだので、よかったな。
 彼は、ガールフレンドにスニーカー、弟と甥っ子に服を買っていました。ラオスのほうが高いんだそうです。なぜならラオスでは量産品を作る工場がなくて輸入するかだと説明を受けました。私もちょこっとお土産なんかを交渉を楽しみつつ買ってみました。

[PR]

by noreizoko | 2016-08-15 21:32 | 旅-アジア・オセアニア