..., and trips

noreizoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 30日

シュニッツェルとタブレ。

f0169800_2213961.jpg

 洋食続いてます。昼ごはんは玄米弁当だったのも、この助走(笑)

 昨日買ったパン粉で早速作りました、シュニッツェル。
 好きなんっす、これ。レモンぎゅっと絞って。
 バターで揚げる(焼く?)とか、アンチョビとか、パルメザンをパン粉にまじぇて、とか、色々、ググるとあるレシピですが、叩いた豚肉→強めに塩胡椒→強力粉→卵→パン粉でよいかしら。
 ゼンメルブレーゼル、確かに香ばしかった!けど、良いパンのパン粉なら、輸入量産ゼンメル粉よりもいい感じかな。

 豚肉は、駅前の自然食品屋のパックの豚ロースと、近所の大変魅力的な肉屋さんの南昌豚、二種で試してみる。つまり、もう一枚頂いたんです!!

 残念と言うべきですか、前者が好み。ウーン、泣ける。

f0169800_2213146.jpg

 タブレ。パセリ、トマト、新玉葱に、ブルガー小麦のひきわり。
 レシピは、相変わらず。
 ブルガー小麦のひきわり、去年どこかでbioのを買って来て、やっと使った。こっちの方が馴染む感じでございますかね。

 切り取った豚の脂でラードをつくってみようか、っと。





4/30

朝  八朔
昼 お弁当(緑豆入り玄米、梅干し、イカナゴの釘煮)、塩鮭。ほうれん草と豆腐の味噌汁(社炊)
夜 シュニッツェル、タブレ、ワイン
最高気温22 最低気温19  湿度67% 風向 南 曇り

2012年同月同日の記事
[PR]

by noreizoko | 2013-04-30 22:29 | 休日の食卓 | Comments(12)
2013年 04月 30日

ラムチョップのトマト煮込み 

f0169800_016943.jpg

 天気もよくて気持ちも良い日が続いたトーキョーの連休前半でしたね。お陰さまで順調に復調。

 ところで、湿気が低いせいか、陽がない所に行ったり、落ちた後は結構冷えます。なんか欧州の夏みたいですね。っということで、ラムを煮込みにて。野菜は全ていつものお店のなんですけども、蕪は先々週の土曜に買った自然栽培で、そっくりしてました。腐らないのよね〜。煮込みにちょうどいい感じ。香菜、春と秋に旬があるらしくて、今がこの辺りじゃその時期?いつものお店で買いました〜。

 クスクスで頂く所をパンにしたのは、飲み物をビールにしたので。お皿が汚くて失礼します。

f0169800_0233371.jpg


 日中仕事で広尾まで。休日の広尾って混んでるのね〜。ナショナルに寄ったけども、いや混んでました。で、ドイツのパン粉を発見!いつも買って帰ろうと思いつつ、忘れちゃう。カルディとかでも売っているのかも、と思いつつ。連休中に試したいっす。



4/29
朝 八朔
昼 麻婆豆腐、天然海老と筍のオイスター炒め、ホイコウロウ、ご飯、など。(外食)
夜 ラムの煮込み、木のひげのパン、ビール。

最高気温22 最低気温12  湿度34% 風向 南 晴れ

2011年同月同日の記事
[PR]

by noreizoko | 2013-04-30 00:29 | 休日の食卓 | Comments(8)
2013年 04月 28日

香り高いピーマンの肉詰(パプリカでファルシ)、もう大変美味!

f0169800_22372928.jpg

 おかげさまで復調。鼻はまだ詰まってますが(笑)。お線香をあげさせて頂き帰宅も、まだ時間も早かったので、最寄りより少し手前の代官山で降りて中目黒辺りまでぶらっとして帰宅。掘り出し物の椅子を見つけたりして。天気もよかったしね。

 ついでにビオのプロセッコと赤ワイン、チーズを買った。昨日、いつものお店で家人が買ってくれたピーマンがあったので、それで、肉詰めを作ったら、めちゃめちゃ美味しかったの。
 

f0169800_22373242.jpg

 新鮮な宮崎の黒豚の切り落とし(ひき肉がなかったのだ)を叩いて、詰めて。こんな感じでオーブンで焼きました。(余った詰め物は丸めたままで)。
 肉詰めは、フライパンではなく、オーブンで作るに限るんじゃないか、これは。

 見た目では伝わらないかもですが、絶妙に成功した干物的美味さがありました、香り高いピーマンとお肉の、ナンタラ〜♪


 とっても、上手く行ったの備忘にレシピをば。


レシピ♪
 ピーマン5個。新(これポイント)玉葱大きめの個体の半分、黒豚切り落とし280g、パプリカ粉(たっぷり)、パン粉(美味しい素朴なものを是非)、タイム粉、塩、胡椒は適量、赤ワイン、完熟のトマト。野菜は全ていつものお店で。

 新玉葱のみじん切りと、肉、塩、素朴で美味しいパン粉、パプリカ粉(たっぷり)、タイム粉、塩胡椒を赤ワイン少々でがっつり混ぜます。固くなる事を恐れて、卵とかオイルは入れずに是非。
 美味い肉ならミンチといえども、噛み応えがある仕上がりの方が美味いと思う。
 
 新玉のみじん切りは外に出たがりますので、中に練り込んで下さいまし。 

 1_ピーマンのへたをとり、種を取って、しかし、半分には切らず筒状のまま。上で混ぜたものを出来るだけ詰めて、天板に

 2_余った肉は丸めて、真ん中をへこませ、天板に載せ、オリーブオイルをタラリかけます。

 3_完熟トマト(今回は子供の拳程度を二個)を耐熱容器に、焼き物の個数になるくらいの数で串切りにしたものを入れ、赤ワインと塩少しを振って、容器ごと天板へ。

1と2と3を180度に熱したオーブンで一緒に18分焼いて1_2_を頂く時に、ソース代わり一緒に焼いた3_のトマトを一緒にね。
 
 っっっんとうに美味かった。良い食材が手に入った時は是非!

 美味しいピーマンと、新鮮なひき肉で。



f0169800_22374943.jpg

お供はこちら〜。ワインを買ったお店で購入した、北海道のモッツァレラ。カプレーゼにしようかしら思ったんですが、お店の方が、「オリーブオイル、と塩胡椒が一番美味しい」と教えてくださいました。


4/28
朝 マイセンのカツサンド、お茶
昼 夢呆(お蕎麦・外食)
夜 ピーマンの肉詰め、チーズ、ワイン

最高気温20 最低気温12  湿度24% 風向 北 晴れ

2012年同月同日の記事
[PR]

by noreizoko | 2013-04-28 23:41 | 休日の食卓 | Comments(12)
2013年 04月 27日

胸肉のサラダ

f0169800_22255257.jpg

 今週は調子が悪くて、最低限のことしかでけず。食事も荒れます。荒れると回復も遅くなるという悪循環。今
 日はいつものお店で食材を買って来てもらって、サラダにしてみました。ゆっくりとかみかみしながら頂いていたら、調子が上がってきた。
 夕飯は、しかしまだ作るのが億劫で、近所の、とっておきの中華屋さんで、滋味夕飯。
 明日は結構元気になるじゃないかと思う訳です。


4/27
朝 無し
昼 胸肉のサラダ ゲロル・シュタイナー
夜 ホタテの春巻き、麻婆豆腐、烏骨鶏とフカヒレのスープ、ご飯、プアール茶(外食)

最高気温21 最低気温11  湿度24% 風向 北西 晴れ

2012年同月同日の記事
[PR]

by noreizoko | 2013-04-27 22:33 | 休日の食卓 | Comments(12)
2013年 04月 21日

フムス♪

f0169800_21481811.jpg

 さ、寒いっすね。最低気温5度のトーキョーです。

 ついに、念願のフムスを自作してみました。ギリシャ産のオーガニックのタヒニ(練り胡麻ペースト)を手に入れたのだ。いや、日本の白ごまペーストでもいけるかもですが、meloさんもおっしゃっている様に、なんか、風味が違う?というか、目的が違うせいか、仕上がりが違うのかな?
 meloさん、レシピもありがとうございました。
  
 という事で、お初の自作フムス。分量がわからなくって、大量にでけてしまいました。ピタパンも自作。強力粉に全粒粉の薄力粉を混ぜて、重曹で。強力粉だけで良かったな。で、全粒粉の薄力粉を打ち粉にすれば完璧かと。ピザストーンを使って焼いた。

 夜のつまみにまだモグモグしています・・・♪

 給料日まえですし、節約モードな週末。そうだ!と、くじいて一回しか履かなかったベルリンで買った、かかとの高いサボみたいなサンダル(人にもらってもらおうと思ったんだけど、周りはみんな小足、というか、私が・・)と、もう履かなくなったサンダルを売りに行って、売れたら、美味いラーメンをたべる、ちゅうのをやってみました。
 ちょうど、ラーメン二杯分くらいになりました♡。下駄箱も片付いたし、ただで遊べたしで、面白かった。


4/21
朝 凄く美味しい八朔みたいな柑橘
昼 フムス、ピタパン、昨日の残りのスープ、コーヒー
夜 ラーメン(外食)
一杯 赤ワインとフムスののこり。
最高気温9 最低気温5(!)  湿度77% 風向  北 曇り

2012年同月同日の記事
[PR]

by noreizoko | 2013-04-21 21:59 | 休日の食卓 | Comments(8)
2013年 04月 20日

自然栽培キャベツがあった!で、煮込み、と、「農民カフェ」

f0169800_22193813.jpg

 いつものお店に自然栽培のキャベツがあった!春だけの事なので持ち帰りました。今日は寒かったので、煮込みに。煮込みだと、余すことなく美味しく頂けるしね。
 おなじくいつものお店の自然栽培の食材と鶏で。お肉は胸肉にしてみました。
 おいちぃなあ、しみじみ。家人は三杯食べてくれた。

 胸肉はチョミットの酒で丸ごと洗って血を落として、丸ごと、スープに投入。10分位経ったら引き上げて、冷めたら裂いて、再投入。

 味付けは塩胡椒。月桂樹の葉もいれましたが、ブイヨン入れず。酒は、洗った鶏がまとった程度っす。手抜きでけてうれしい。このくらいのほうが、んまいんだよね、こういう食材。家飯の贅沢だなあ〜。

f0169800_2225273.jpg

 つまみに、オイル・サーディンも

f0169800_2225560.jpg

 まだあったのだ。


農民カフェ♪

f0169800_22193195.jpg

 最近近所にでけたらしい、お店でランチ。食べかけで失礼します。
 循環有機農法か自然農法の食材っちゅう事らしい。
 けちくさくなくて好感を持ちました。17時までランチというの良い!けど、無理矢理ワンプレーとでなくても、と思いつつ。

f0169800_2219269.jpg


 家人はカレー。
 どちらも、スープとコーヒーか蓮茶がつきます。
 
 味付けを、作り手自身が美味しい!と思う所で決められないのが、カフェ飯の難点じゃナイかと常々思う。ここのお店、もう一息、惜しい。



4/20
朝・昼 玄米と野菜のランチ@外食
夜 野菜と胸肉の煮込み、木のひげのパン、オイルサーディン、白ワイン、
最高気温11 最低気温9  湿度52% 風向  北東 曇り後雨

2012年同月同日の記事
[PR]

by noreizoko | 2013-04-20 22:28 | 休日の食卓 | Comments(8)
2013年 04月 18日

ダブリン5 ラウンジとか機内食。これにておしまい。

f0169800_2121067.jpg

 本日二本立てにて〜。

 懲りずにラウンジとか機内食とか。フランクフルトのトランジットでお世話になった、ルフトセネターラウンジ。ここ、スパとか仮眠室とかあるのね。
 バーカウンターでカクテルを作ってくれると知り、トライ。
 往路で頂いたイチゴのカクテル。桜の香りもした?アルコールも弱くて、長旅の途中には良かったっす。

 
f0169800_21262697.jpg

 復路では、オレンジのカクテルを頼んでみました。


ーーーーー
 
f0169800_21243713.jpg

往路、最初のドリンクはブラッディ・メアリー。好きなのアタシ、これ。

f0169800_21244365.jpg

 一食目。鶏のサフランクリーム煮の様なもの。

f0169800_21245544.jpg

 途中、スープが配られて来たので、頂きました。

f0169800_21245292.jpg

 到着前は和食をば。チミっと頂戴しました。

ーーーーーーーー
f0169800_21203355.jpg

 往路で使った、ダブリンのラウンジ。飲み物、食べ物はあんまりないけど、明るて気持ちよかった!
ーーーーーー
f0169800_21202336.jpg

 ダブリンーフランクフルトの機内食。昼便でした。このとき知った、ドイツの酸っぱいハムのサラダ? なんか満足でしたよ!ビールが美味いからね。

 ちなみに、往路のフランクフルトーダブリンは夜便。爆睡していた頂かなかったけど、サンドイッチがでたようでござりました。

ーーーーーーーー
f0169800_21223648.jpg

 フランクフルトー成田。ラウンジでビール飲まなかったので、ビールをば。

f0169800_21222780.jpg

 一食目は、銀ダラの西京焼?かビーフストロガノフ。洋食にして、チミっとワイン。

f0169800_21215045.jpg

 二食目は、椎茸のお粥。不味いというよりも、困ったお味な感じで(苦笑)。

 
[PR]

by noreizoko | 2013-04-18 21:37 | 旅-欧州 | Comments(10)
2013年 04月 18日

ダブリン4 いや、フランクフルトでアップルワイン

f0169800_18272841.jpg

 往路も復路もトランジットに5時間@フランクルト空港。行きはそんな元気も余裕もありませんでしたが、帰りは元気!市内まで電車で15分だしで、ちょっと市内に行ってみる事に。

 日曜のフランクフルトなんて店も閉まっているし・・・が、ちょっとした目的が。ず〜〜〜い分前にアップルワインを飲み、に繰り出したのに、時間が遅くて振られ、スーパーでも買える瓶入りのを頂いた、ということがあり。その後リベンジする機会もなかったので、これは良い機会ではないかと繰り出した訳です。。。

 先ずは中央駅のインフォメーションセンターで相談して・・・

f0169800_18354130.jpg

 トラムの駅を降りたら、その辺の人に聴き・・・。「川に降りると、アップルワインが売ってるはずだ」と、教えてもらい、ちょっと覗きますが(よい天気だった!)、うろ覚えの記憶の中では、ストリートにアップルワインを飲む店がわんさかあって、みんな騒いでる・・・はず、と、きびすを返します。

 人に訪ね尋ね。

f0169800_18273711.jpg


 ジャン!ついにありつけました!感慨深いものがあるもなんか???

f0169800_1828442.jpg

 お昼ご飯もまだだったのでテキトーに。勿論、ラウンジご飯よりもおいしいです!が???

 オトナリさんが頼んでいた濁った液体!これがご所望のものではないかと、小さいのをお願いしみると・・・

 
f0169800_18394638.jpg

ジャン!

いや、アップルジュースでした(笑)。

 
f0169800_18275385.jpg

短い時間ですが、外の席でマッタリしながらのんでいると・・・、相席のお声がけ。どうぞどうぞ、とお掛け頂き、よもやま話をして・・・。時間ですから、と失礼しようとすると、本当のアップルワインのお店はもっと先にあって、大きな古い木のテーブルがあってすぐにわかる。今度は是非そっちもね。と言われ・・・・なに???

 歩くこと数百メートル・・・・

f0169800_18281281.jpg

 ジャン!
  これだったようです!。

f0169800_18432176.jpg

 お願いして撮らせていただきました!

f0169800_18283633.jpg

 店内にずんずん入り・・・

f0169800_1853972.jpg

 居ます居ます!

f0169800_1828188.jpg

 ああ!こころなしか、色合いも違います!

f0169800_18282012.jpg

 立派なアイスバインを頼んでおられた方にもお願いしてパチり。
 運んでいたウエイターの方が「肘」と言われました。これは、わかる気がする。豚の肘の部分ということでしょうか。
 しかし、この方は「すし」といわれ・・・??。どうもドイツ人にとってこの皿は日本人における寿司だと言いたかった模様(笑)。ありがとうございます。

 
f0169800_18282696.jpg

こちらがお店。
ネットに頼らず、ガイドブックもなく・・思いつきで寄ったのでね。次回は是非ここで!


 
[PR]

by noreizoko | 2013-04-18 18:56 | 旅-欧州 | Comments(1)
2013年 04月 17日

ダブリン3 またもやパプ飯@テンプル・バー(Temple Bar)

追記しました・・・以下青字部分、クスン。
f0169800_23273795.jpg

 杞憂どこへやら、昼食は三日ともパプ飯にありつけましたぞ!先日のパブ飯はちょっと、町外れのパブでしたが、コチラは二軒ともテンプル・バーのパブ。どこも美味しかった!
 
 これは、会食の夕飯前にパプで一杯のときに、パチり。ギネスを撮ろうとしたら、お兄さんがショット用にサービスしてくれた。
 ご飯はフュージョンでしたが、やっぱりギネスは飲みたいらしいね♪

 
f0169800_23283453.jpg

テンプル・バーにあるオシェイズ(O'Sheas)にて。アイリッシュ・シチュウ!

人気のお店らしいけど、昼間はメニューがぎられているせいか空いていたので、落ち着いて頂けました。シチュウもだけど、バターがフワフワで美味し。そして、塩っぱめだからやっぱりギネス!

 アイリッシュ・シチュウのレシピは店ごと、家庭ごとにあるそうなので、いつか食べ比べをしてみたいっす。


f0169800_23245855.jpg

 も一回は、ファリントンズ(Farrington's) @テンプル・バーにて。
 
 ハーフ・パイントだけど料理に合うと、お店お薦めのスタウト、Dark Arts Porterも来て準備万端。

f0169800_23244846.jpg

 来ました!










f0169800_23244479.jpg

 ジャン!
 なんて事ない感じですけど、美味かった〜。フレッシュだからか?それとも海がキレイなのかしらね。キレイなお味でした!

  と思ったら・・・・がーん。セラフィールド再処理工場の事故の影響でアイリッシュ海は核種に汚染されているという報告がありますね。いや、美味かったんだけども、クスン。原発反対、なくそうよ、こんなもの、もう。

 コチラも混んでは居なかった。
  有名無名に関わらずアイリッシュ・パブは、オーソッドックスなメニューはどこも私好みじゃないかしらと思いましたよ。エジンンバラやグラスゴーだと相対的に都会のせいか、結構当たり外れがあったんだよな〜と思い出しつつ、モグモグ。

f0169800_23382556.jpg

 テンプル・バー付近。
ーーーーーーーーーーー

 
f0169800_23251120.jpg

せっかくだから、午後の休みにアイリッシュ・コーヒーを頂きました。美味い!結構酔います(笑)。

ーーーーーーー

f0169800_23375910.jpg

 主催者お薦めのダブリン一らしいモダン・フュージョン・レストランで頂いた、鱈のソテー。塩辛くないので、塩をパラパラしました(笑)。

f0169800_23375655.jpg

 お友達のお食事。


f0169800_23341231.jpg

 ダブリンのバスは黄色いのね。これも可愛い。

 厳しい自然も、厳しい歴史も乗り越えてあくまで人に親切なアイルランドのみなさまという印象でした。
 いつか、旅行でゆっくりとアイルランドをまわってみたいわ、と思いました〜。人がとっても親切です。
[PR]

by noreizoko | 2013-04-17 00:10 | 旅-欧州 | Comments(10)
2013年 04月 12日

ダブリン2 パプ飯

f0169800_819029.jpg

 夜中の12時なのにまだまだ騒がしいかんじのホテル周辺@テンプル・バー。音楽が溢れている街です♪

f0169800_817379.jpg

 昼ごはんにシーフード・チャウダーを頂きました。アイリッシュ・シチュウなど、アイリッシュ料理を食べたいけど、会食がつづくと、なんかアイリッシュ・フードのレストランは避けられるので、頂けるかしらんと、心配。
 
 ソーダブレッドも美味し。チャウダーも美味しですが、ちと塩辛い・・のは
f0169800_8151924.jpg

 ギネスがいつもお供だからか。とても合います!
[PR]

by noreizoko | 2013-04-12 08:24 | 旅-欧州 | Comments(7)