..., and trips

noreizoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 28日

ドイツのキノコの瓶詰め

f0169800_21233453.jpg

 9月に家人が出張で買ってきたキノコの瓶詰め。昨夜、つまみに窮して開封して、そのまま頂くも、これが結構イけてた!小さいキノコのマリネ=オイル漬け。ガーリックも入っているらしいけど、チーズの香りが。でも、材料にチーズの記載がない感じ。
f0169800_21234433.jpg


 4分の1くらい残ったキノコでオムレツを今日は作ってもらった。美味なり。

 美味しかったので記録しておこうと思います。
[PR]

by noreizoko | 2011-11-28 02:42 | ちょっと一杯 | Comments(10)
2011年 11月 26日

鶏豆腐鍋

f0169800_159529.jpg

 寒かったので、また小鍋に。閉店間際の駅前スーパーで阿波尾鶏と「おかんの豆腐」を買って、昆布を敷いて。もも肉だったので、脂が随分と浮いた。これでも随分とったんですけどね。
 鍋をつまみに一杯というのは、冬の楽しみ。
[PR]

by noreizoko | 2011-11-26 02:03 | ちょっと一杯 | Comments(8)
2011年 11月 25日

早く言って(泣) 原発反対、大反対!!

ひーーっ


阿武隈川から海へ1日500億ベクレル 放射性セシウム

f0169800_33594.jpg


「福島県中央部を流れる阿武隈川から海に流れ出る放射性セシウムの量が1日あたり約500億ベクレルにのぼることが京都大、筑波大、気象研究所などの合同調査で分かった。福島第一原発事故に伴い、東京電力が4月に海に放出した低濃度汚染水のセシウムの総量に匹敵する。専門家は継続的な監視が必要としている。

 阿武隈川は福島県郡山市や福島市を北上、宮城県岩沼市で太平洋に注ぐ。流域面積は5400平方キロで、事故による汚染が大きい地域が広く含まれる。

 京大などは文部科学省の委託を受け、6月から8月にかけ、本流の中流や河口付近、福島県内の支流で流量や放射性セシウムの量などを観測。運ばれるセシウムの総量をはじき出した。」
朝日新聞 2011年11月25日3時0分
[PR]

by noreizoko | 2011-11-25 03:35 | このブログについて | Comments(2)
2011年 11月 24日

スンドゥブチゲ

f0169800_502387.jpg


深夜帰宅の夕飯。
豚肉とキムチを炒めて土鍋に移す。
昆布、煮干し、大根、葱を水から炊いた、別鍋でとった出汁も土鍋に注ぐ。
そこに、豆腐入れて、干しダラいれて、少し野菜入れて。
唐辛子の粉末とニンニクのみじん切りごま油を練ったものを、土鍋に投入。
塩、醤油などで味を整えて少し煮込み、最後に卵落として頂きました。
とても本格スンドゥブチゲになりました。
韓国で買ってきた裂き干しダラは黄干(ファンテ)だったらしい。すごく美味しい。魚介を入れよとのレシピはこれで十分代用できる。もっと買ってくれば良かったな、と思いつつ。

f0169800_512648.jpg

 昨日の昼に作ってもらった酒盗炒飯。いつものありきたりメニューですが、器が使いたくて、わくわく。うどん打てず、手に入らず、そして、待ちきれずで。うれぴい。
 
 ヒー、忙しくなってきたけど、とりあえず記録。
[PR]

by noreizoko | 2011-11-24 05:12 | 日々の食卓 | Comments(2)
2011年 11月 23日

シュマーレック(SMALEC)? ポーリッシュな感じのつづき

f0169800_347896.jpg

 ひっひっひ。何か時間の感覚が麻痺してきている最近です。無視しないとやってられな感じ(笑)。

先日、家人のおみやでファストフード夕飯。豚の脂を楽しむ料理がそこここにあると思いますが、これまた美味しい。家人のお土産のシュマーレック??を酸味のあるパンに塗って頂く。

f0169800_3465053.jpg

 右がシュマーレック。奥がウォッカ。意外とあっさりしてるんですよこれが。冷めた美味しいメンチカツの中身だけ、みたいな感じ。豚肉、タマネギ、そしてリンゴが入っているらしい。

f0169800_3463667.jpg

 こんなにたっぷり脂が浮いてますが、胸焼けしないのは無茶な加工はしてないからな?
個人的にはバターやフォアグラなどより軽い印象っすよ。コンセントレイトやコントロールしてない脂なんて、オレの腹にもあるしで。

 日を空けて延べ3、4日楽しめました。3ズロチ(100円)くらいだったらしい。何かがおかしい?
[PR]

by noreizoko | 2011-11-23 03:55 | 日々の食卓 | Comments(6)
2011年 11月 18日

お米

 意外だったと発表されてますが、だまされる人は少ないだろう。でも、そうであると看做して動く人は多い。気にしないという人も多いと思う。
 自主検査した農家の方と検査を負ったJA担当者に救われる思いがする。「業界」的発想は、全ての分野で無効だと思う。
[PR]

by noreizoko | 2011-11-18 03:02 | このブログについて | Comments(8)
2011年 11月 17日

ポーリッシュな感じで

f0169800_152349.jpg

 先月クラコフに訪れた際の記事をアップした所、いつもよらせて頂いているblogの方から教えて頂いた美味しそうな情報。中でも「オスツィーペック(Oscypek)」が気になったわけですが(いつも貴重な情報をありがとうございます!)、もう後の祭り。が、幸い家人がポーランド再訪したので、コマンドを飛ばし(笑)ました。残念ならがら山羊や羊の乳のチーズはなかったようですが、牛乳で作ったスモークチーズのゴルカ(golka)を買って来くれた。
 山岳地帯の人たちが作るスモークチーズで、グリルなどの温め、ジャムなどを添えて頂くと大変美味。素手で扱い、二つに割ると一見シュークリームのカスタードの様な外見ですが、美味しいお肉の燻製の様な堅実なお味です♡

f0169800_14597.jpg

 こんな感じで買ってきてくれた。お土産にお配りする前に激写。

f0169800_143427.jpg

 こちらは、残ったズロチで買ったのかな?粉末のジューレック。〆のスープにはぴったりではないか、と思いつつ。
[PR]

by noreizoko | 2011-11-17 01:21 | 旅-欧州 | Comments(10)
2011年 11月 15日

けんちん雑炊

f0169800_194999.jpg

 遅く帰って、お釜に残っていた玄米をけんちん汁に入れて温め、卵を落として雑炊。葱と豆板醤を添え、ごま油もチラっとたらして。飲んだ帰りの〆にぴったり。明日の朝ご飯もほぼ同じメニューだろうと思いつつ、飽きない。
[PR]

by noreizoko | 2011-11-15 01:13 | 日々の食卓 | Comments(12)
2011年 11月 14日

けんちん汁

f0169800_2212262.jpg

 同じ具でも、味噌を豚汁、醤油味だとけんちん汁。これは実家の定義でしたが、どうも違うみたいね。動物のものを使わないのがけんちん汁とwikiにあった。
 家人の帰宅は明後日でそれまで一人ご飯。なので、鍋一杯の豚汁=味噌味、を作ろうとして、味噌がないと勘違いして醤油味になりました。
 これはこれで美味しい。ご飯のお供に、麺を入れてうどんに、ビールのつまみ(!)になど、2日間、手を抜く予定。好物なので飽きないっす。
[PR]

by noreizoko | 2011-11-14 02:28 | 休日の食卓 | Comments(6)
2011年 11月 13日

大陸風?皮蛋粥と、ラムチョップの火鍋風

f0169800_2213047.jpg

 何となく寒くなってきましたね。先日皮蛋の記事を書いたら、「皮蛋粥が食べたい」とのコメントをいただき、そうしたら、私も食べたくなりました(笑)ので、お昼にお粥を。写真が暗い。中華粥って鶏ガラとか貝柱などの出汁で炊く様ですが、白粥にて。
 炊飯器にお粥モードがあったので、はじめて使用。「全粥」モードにしたんだけど水分を間違えたのか、随分と水っぽい感じに炊きあがった。鍋に移してもう少し煮詰めていただきました。(ちなみに、重湯を飲んだら、こ・れ・が、すごーく美味しい!ちょっと体調も悪かったせいかもしれないけど、ただの重湯がこんなにおいしいとは知らなかった!)
 具は皮蛋と甘酢生姜、葱に腐乳。お醤油チョミットたらして。葱の切り方の雑さに私の実力とお腹の好き具合が現れてます?
 中華粥とは違うものだけど、これはこれでとてもおいしかったなあ。

 
f0169800_2212340.jpg

 夕飯も何か大陸風なものが食べたくて、羊の火鍋風。一人ご飯なので、小鍋で、コンロも出さずに。いつもお店の土曜市で自然栽培のパクチョイがあったので、それと春雨とジャガイモ。羊が食べたい気分だったので、ニュージーランドのラムチョップをバラして、骨で出汁をとりました。それから、韓国の干しダラ、つぶしたニンニク一かけ、葱もいれてね。

 その後スパイスとしてパプリカ粉、唐辛子、花椒のほかに、家人のアドバイスでクミンの粉末もいれました。八角とか香菜があるとよかったかもだけど。出汁をとりつつジャガイモを煮て、その後戻した春雨、ラムの肉をパクチョイの白い所を入れて煮込み、最後にパクチョイの青い所を投入。あらかじめ塩、オイスターソースと酒少々塩を加えて薄く味付けしておいて。卓上で藻塩とレモンをふりつつ頂きました。

 これは結構大陸風に満足なお味になった。ラムチョップ、もったいない気もしたんだけど、いつも骨で出汁が取れないかと思っていたので、それはそれで、満足。ラムは大陸の味がする気がする。
[PR]

by noreizoko | 2011-11-13 02:38 | 休日の食卓 | Comments(8)