..., and trips

noreizoko.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 06日

「奈良漬」と鰻

f0169800_22152681.jpg

 こりゃ鰻でしょと出先帰りのデパ地下を物色するも、結局近所のお店から出前に。季節柄か、出前と同じ位かやや高めのお値段で、由緒正しき料亭や鰻屋の大変立派な鰻がのっている鰻重が出てましたが、やっぱり漆の「お重」で食べたい。
 で、付け合わせの奈良漬けだけ、デパ地下で購入。鰻屋ではなく、寿司屋のご亭主に確か教えてもらったんだと思いますが、鰻には奈良漬けなんだそうですね。奈良漬けは冷蔵しなくても保つので便利。常備とは行きませんが、大和屋守口漬のが買えるときはだいたい購入。三重のお店らしく、奈良ではないようですが。瓜4分の一身くらい、守口大根半本くらい、キュウリ一本くらいがお徳用一パックになっているのを購入。西瓜の入っているのもありますが、味見のみ。ところで、奈良漬けといえども、保存料や化学調味料がだいたい入っています。大和屋守口漬は都内のデパ地下にだいたいあるので便利だし、表示には、保存料や化学調味料の添加がありません。しかし、「(原材料の一部にゼラチンを含む)」とあります。ゼ、ゼラチン?原材料は野菜の他は、酒粕、味醂粕、砂糖、水飴、味醂、食塩、酒精なのに、これのどこにゼラチンが?謎は深まります。 

 
 早速守口を切ってみる。合う。(一緒についてきたぬか漬けと味噌漬け大根も良かった)。


 それといつもの店で珍しい自然栽培の春菊が出ていたので、エノキも加えてお吸い物。春菊は小振りも柔らかく香り高く、大変、美味。自然栽培の醍醐味と言っても過言とは思わず。
 家人には大きいお重、私は小さいのを4分の3ほど・・・。
 というのも・・・。




f0169800_22154036.jpg

 まだビールの飲めない家人をよそに、茄子のお浸しで一杯。土曜の茄子が残っていたとは知らずに昨日も買ってしまったので。しかし、すごい盛り方だなあ。

 茄子のお浸しは、ホワイトアパラ、筍土佐煮とともに三大好物なんです。しかも安いし、調理も楽。
 
 昨日より気温高くも湿気が高くないと楽ですね。

最高気温34度 最低気温26度 湿度47% 晴れ
[PR]

by noreizoko | 2008-08-06 23:59 | 日々の食卓 | Comments(0)


<< おにぎり屋      キュウリの梅肉和え >>