..., and trips

noreizoko.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 10日

アジアー欧州二週間の出張 その1 旅の支度とか、機内食とか、シンガポールその1 ペナンへ移動 

f0169800_15221888.jpg

 当初は三泊四日のペナン出張のみの予定が、どうせどこかを経由しなければならないのならと、シンガポールに寄ろうと。そのあと、直後に欧州出張を決め、一旦日本に戻ろうかとも思ったけども、結局、復路のシンガポール〜東京の便をうんと遅らせ、シンガポールー欧州の便を別途とって、ぐるっと回ってきました。

 仕事以外の懸念は荷物。どっちも北半球とはいえ、気候が違うので、衣服の持ち物を用意するのにいつも以上の時間を要しちゃった。今後そういうこともあるかもしれないと備忘に記録。

-カバン 機内持ち込みサイズのトランクと、普段使っているバック
-服:7分丈のデニムパンツ×1 インド綿のシャツブラウス×2 インド綿の短いワンピ×1 麻のたっぷりしたワンピ×1 半袖Tシャツ一枚、長袖Tシャツ×1、下着セット×4(上はキャミソール3ランニング1) 靴下2 秋用のウールのジャケット×1
 パーティー用のブラウスとパンツ各1、シルクのぺちゃんこになるクラッチバック1、真珠のネックレスとイヤリング1 サンダル×1 ストール1
その他洗面用具と充電機類とか眼鏡とか。

※ インド綿の服はとにかく嵩張らなくて皺になりにくのがいい。乾きも良いし。下着は移動が多く洗濯のタイミングを考えると5セットあったほうがいいかともおもっていたけど、欧州は洗濯物がすぐ乾くので(ジーパンも即日乾燥した)、4セットでも多いくらいだった。欧州は天気の良い週にたまたま当たったのでながそでTシャツは着用せず。綿のカーディガンとウールのジャケットがあったから不要だったかも。
 
 荷物が増えた時のために折りたためるサブバックを持って行ったけど不要だった。これ結構かさばるから、具体的な予定がない限りいらない。

 ナチュラルローソンで売っている無添加石鹸を一個持って行ったけど、これは役に立ちました、特に洗濯に。
 
 移動時はスニーカー、Gパン、インド綿のシャツブラウス、綿のカーディガンで。


 冒頭の写真は Ntional Musiem of Singapore。
 シンガポールには夕方着で、YMCAに宿泊。空いていてラッキー。すぐ側にあるここのカフェで打ち合わせ。なんか、シンガポールの芸術文化施設のリノベがすごい勢いですすんでるのね。
f0169800_15221984.jpg
この夜はカジュアルなパーティにお呼ばれ。道路にケータリング出してた。すごいな。道を塞いじゃっているわけです、側道ですけども。
 文化施設内でのケータリングとかその辺が非常に鷹揚で羨ましい。というか、日本がうるさすぎると思う。ちょっとここまで絨毯や壁の汚ればかり気にする国は他にはないんじゃないか、くらい。
f0169800_15222005.jpg
ダックのロースト
f0169800_15222163.jpg
豚のロースト。他にもたくさんありました。
ーーーーーーーーーー
f0169800_15221684.jpg
今回、アジア移動はシンガポール航空を利用。和食をいただく。まあまあ。
f0169800_15221783.jpg
リフレッシュメントはデニッシュだったかな。こう記録すると、この頃はもうすごく前のように感じて記憶が・・・
f0169800_20105377.jpg
翌朝いしんがポールからペナンへ移動。シンガポールーペナンはシルクエア。このシルクエアはシンガポールエアの兄弟みたいな会社で、シンガポール拠点でアジアへ移動する際に、シンガポールエアのサイトから買うと、ほぼこのシルクエアを使うことになる。が、スタアラじゃないんですね。なので、ラウンジ使えず。これはどうなのよ、といつも思う。
たしか、空港で、ドライのワンタン麺を朝ごはんに食べたはず。機内食は胡椒が効いたチキンのサンドイッチ。朝食でないと思って空港でいただいたんだけれども、これでじゅうぶんだったなあ、と思いつつ。


[PR]

by noreizoko | 2016-09-10 15:49 | 旅-アジア・オセアニア


<< フレッシュバジルでパスタ      アジアー欧州出張 >>