旅-アジア・オセアニア

バンコク・カンボジアその4 プノンペン 三日目

f0169800_21102274.jpg
 プノンペンではとにかくトゥクトゥクに乗らないと移動ができない。日中暑いし、道が歩きやすくないので、15分以上の徒歩は余裕がないと辛い感じ。独自通貨のリエルはあるけど、少なくとも外国人は1USドル以下のお釣りが出た場合だけ使って、基本は米ドル。目的地を伝えて交渉します。一人で乗ったりするとちょっと高い気がするんだけども、よくわからんね。2ドルとか3ドルでチャーターするわけだからねえ。地元の人と乗ると安めな気がするけど、そんなに変わらん気もする。まあ、とにかく安全ならばいいよね。

 旅前に、プノンペンは結構荒れている(小さい荒っぽい置き引きひったくりの類が多いと聞いていたし、トゥクトゥクも気をつけれといわれていた)と聞いていたので、ちょっと最初はビビってましたが、まあ、結局、人柄。多くの方は英語が御上手。

 もうなんとなく、真面目そうで、おおらかそうという人にお願いして、少し交渉した時に大丈夫そうかどうか決める感じ。90%以上は普通に平気そうだけど、あとは、まあ、怪我したりそれ以上に危ない目に合うかどうかはともかく、女一人では交渉した金額と違うとかのぼったくりとかはあるかもね、という感じでした。この割合だと、「事故」という以上の確率かもしれませんので、一人の時や夜間の利用は気を引き締めるべきだと思いました。
 しかし、町は排気ガスもすくなく、トゥクトゥクは快適。それなりの交通量ですが、乗用車がピカピカ。
f0169800_21102421.jpg
こんな感じで楽しい。
f0169800_21102597.jpg
国立美術館。クメール美術の宝庫です。本来は屋外の寺院などにあったものを、ポルポト時代に壊されたり、倒されたりしたものから、特に貴重なものを保存・補修している感じです。素晴らしかったです。
f0169800_21102692.jpg
ヒンドゥー、イスラム、仏教などが混在している歴史の中から、それぞれの時代の彫像。撮影していいものと悪いものがあって、撮影禁止の方がより見事でした。浅い時代の彫像は裸像が多い。それは、熱帯らしく着衣の歴史は少なくと日本よりはずっと浅い。(何世紀からと説明されてましたが忘れてしまった、とほほ)。豊かな大地なんですね。
f0169800_21112038.jpg
みんなでシェアした昼食。このナムプリック的ペーストと生野菜というのが充実している。これは確か、お肉だったと思う。地元に住んでるUKの人によるとプノンペンのレストラン(屋台はわからじ)の水や氷は安全だそう。実際、生野菜や氷入りの飲み物を頂いても、全然お腹を壊す気配がありませんでした。
f0169800_21112345.jpg
で、こっちは魚と小さい青ナス。タイ料理のほうに慣れている自分としては、辛くないタイ料理とどうしても思っちゃう。美味です。
f0169800_21112249.jpg
ゴーヤの和え物。これが苦味少なくて爽やかで美味しかった。
f0169800_21112156.jpg
カレー類も辛くない。これはたしか、カエルだった気がする。
f0169800_21102711.jpg
その後午後のプログラムのため移動。左はイケメンかつオシャレなキュレーター。右はイケメンでマジメ(そう)なラオスのキュレーター。無断で掲載
f0169800_21102837.jpg
古い建物をリノベ(というほどでもない)してアートセンターなどにしているらしい。
f0169800_21112404.jpg
 この日の夜は一人、ホテルのレストランでいただく。ここ美味しい。ラープを試してみたくて、それと、玄米。ラープ辛くないのね。食材がすばらいいので、美味しい。
 「クメール・スリン」という、古い建物を改装した古民家的なところで、上階がホテル。雰囲気があって私は好きですが、虫の嫌いな人はやめたほうが無難。ここのレストランはクメール料理の有名店だそうです。ビールもいれて、12、3ドルくらいだったかな?物価に比して安いのか高いのよくわからなかったけども、日本人の私としては満足の味とお値段です。
f0169800_21112519.jpg
 夕食の後に、今回合流したラオスからの彼と、ナイトマーケットに行ってみる。これはとっても端の方。行ってみたいけど、日が暮れたあとは一人で出歩かないほうがいいと読んだので、よかったな。
 彼は、ガールフレンドにスニーカー、弟と甥っ子に服を買っていました。ラオスのほうが高いんだそうです。なぜならラオスでは量産品を作る工場がなくて輸入するかだと説明を受けました。私もちょこっとお土産なんかを交渉を楽しみつつ買ってみました。

[PR]
by noreizoko | 2016-08-15 21:32 | 旅-アジア・オセアニア

今は主に旅の記録。たまに日々の記録。14年までは冷蔵庫のない暮らしの記録が中心でした。


by noreizoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30