..., and trips

noreizoko.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 07日

ブリュッセル・アントワープ その1 機内食とかラウンジとか。

f0169800_21315839.jpg
アップグレードしてくれてパリまでビジネス。やった。ありがとうございます。シャンパン貰って。

f0169800_21320693.jpg
洋食をお願いしましたが、洋食の前菜が品切れだそうで。
 和食の前菜で良いかと聞かれてダメとも言えず(笑)。美味しかったです。
f0169800_21321138.jpg
 メインにお願いしていたお肉はあるとの事で頂きました。パンはいるかと聞かれまして、ハイとお答えしましたが、バターとかくれないのでクスン。願いしたら、なんとかバターとジャム。ディナー用のパンでバターではなかった思う。オリーブオイルも無かったしね。洋食は有名なフレンチのシェフが監修しているらしかったので、人気があったのかな?

f0169800_21321486.jpg
その後、チーズとチョコレートの「ゼリー」なるものを。ちょっと多くて残しちゃった。すみません。美味です、もちろん。

f0169800_21321715.jpg
到着前に、ラーメン欲しくなって頂く。前より美味しく感じました。
f0169800_21322507.jpg
到着前。もう夕方だったので、ビール貰ってつまみなとして頂戴しました。

f0169800_21341626.jpg
アイスとコーヒーもね。やっぱりビジネスは楽チン。

ーーーーー
f0169800_21342470.jpg
 今回もANAのサイトから購入。東京ーブリュッセルー東京。往きはパリ経由。空港からは列車でブリュッセル入り。空港駅で3時間くらい待つのはまあしょうがないとしても、羽田のチェックイン時に、パリからの移動についてが不案内で。
 羽田ーパリ、パリーブリュッセルの搭乗券をカウンターで普通に貰うのだけど、後者の搭乗券は飛行機じゃなくて列車。確かここまでは教えてくれたと思うんだけども(予約時に知っていたので、口頭で教えてくれたかどうか忘れた)、搭乗券には席が記されておらず。
 CDGの後のことを係の人が全然わからなくて。どこで指定席券を手にいれるのかとか、荷物どうするのかとか全然案内出来なかった。ご当人は親切でいらして、調べるのに時間がかかるので搭乗口で案内しますと言って下さったんです。が、調べて下さったものは、フランス国鉄のサイトの一般情報。いや、そんなの分かってるんだって。あげくには、席の指定は無いかもとか・・・。彼女を攻めるようで可哀想になったので、なんとかしますよ、とつたえて搭乗。
 これちょっと問題だなあ、と思っていたら、先にきていた仕事仲間も同じ便。そして、同じ感想。せめて空港ついたら国鉄駅のエアフラの窓口に行って鉄道のチケットをとか、指定席はあるとか、云々くらいはちゃんとカウンターで説明できた方が良いと思う。
 駅では乗車の一時間前に荷物を預かってくれて、指定席は一等車。ブリュッセルについたら列車から係の人が既に荷物を置いてくれているという、待ち時間をのぞけばとても便利で気の利いたサービスなのに。

ーーーーー
f0169800_21344091.jpg
最後一泊だけアントワープへ。またストライキの日にあたっちゃって。空港までバスで行って、そこからまたバスで、などといろいろ考えていたけど、ブリュッセルーアントワープの列車は割と動いていて、気が抜けました。最も、みんな警戒していたのか、車両独り占め状態でした。
ーーーーー

f0169800_21345788.jpg
帰りはブリュッセル空港から。初めてここのラウンジを使用した。とても新しくてキレイ。さすが、ベルギーねというビールの品揃え。冷蔵庫の瓶ビールも美味しそうでしたが、早朝なので、やめておく。
f0169800_21344904.jpg
で、しっかり朝食。今回は一度もホテルの朝食を取らなかったので、こんな食事にワクワク。スープはアスパラのポタージュ。クロワッサンとかも美味しそうだったけども。
f0169800_21350609.jpg
フランクフルトの機内ではビールを頂いたらしい。で、爆睡。ほぼ徹夜して乗ったからね。
ーーーー
f0169800_21351452.jpg
フランクフルトからはANAの羽田便のはずが、到着が遅れてしまって逃す事に!夜まで待ってと言われましたが、1時間半遅いルフトの成田便があったので、それにしてもらう。が、それも、係の人が(ANAの人)が、なんだかよく分からず、すったもんだ。ドイツ語で仲介してくれるんだけども、要領を得ないので、直接話せさせてもらいました。もちろん英語でですけども。
 
やっと搭乗券を手に入れたら、パスポートコントロールが長蛇の列。あと50分も無いので焦って、ANAの人に聞いたらゲートのあるZまで行ってそこで入れとの事。このアドバイスは助かりました。
 新しいターミナル?でちょっと遠かったけども(シャトルに乗るのだ)、新しくてキレイイでガラガラ。ギリギリ間に合ったと思ったら、また遅れてました。30分以上待ったかな?
 ちょっと、ラウンジも覗いてみたかったな、とか。

 で、お水とスパークリングワイン。
f0169800_21351949.jpg
k
チキンのパスタを貰いました。ワインは白だったかな。
f0169800_21352232.jpg
 ところで、予定のANA便ではプレエコの予定だったのだ。
 ANAのプレエコはワインがビジネスクラスと同じのを出してくれるのだけど、チーズとか貰えず。なので、くっさい、ウオッシュをアントワープのスーパーで買って、お持ち込みしていたんですな。結局赤ワインで頂いてのんびり。ルフトのワインは結構イケルと思うのですがどうでしょうか。

 フランクフルトのルフトのお姉さんに、プレエコにしてもらえないのか、と聞いたら、ダメだという事(大体、この便にはプレエコないし、あってもエコから無料でアップグレードしてくれる制度もないらしい)。でも、気の利いたお姉さんで、「この便はすいていうるから、搭乗口で、良い席を聞いてみろ」とのこと。少し後ろ目の三席を占有させてもらって楽チンだった。

 
f0169800_21352616.jpg
 到着は、羽田便ほどではないにしろ早朝だったので、あとは、お酒も呑まず(ッてもう十分か)、横になって、なるだけ眠る様に心がけまして。到着前のお食事も、頂かず・・・。封切ってすみません。

 早朝到着のあと、その日は夕飯まで食事せずにに過ごしまして。(昼寝はしたけど)。おかげか、今回は時差ぼけがほとんどなかった。欧州便の夜発便は魅力的だけども、やっぱり、日中の便の方が時差ぼけ防止的には良いと思う(自分には合う)。








[PR]

by noreizoko | 2015-06-07 22:32 | 旅-欧州 | Comments(0)


<< ブリュッセル・アントワープ そ...      ハルマヘラへの旅 その7 帰路... >>