..., and trips

noreizoko.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 06日

高知!

f0169800_2252337.jpg

 またもや行ってきました、出張高知。夕飯おそくなっちゃって、ひろめ市場へ。カメノテ発見!という事で早速ゲット。

 
f0169800_2252099.jpg

鯨カツでしょ、

f0169800_22515898.jpg

 じゃこ天

f0169800_22515588.jpg

 酢牡蠣

f0169800_22515211.jpg

 生青さの天ぷら。モチモチと旨い!

f0169800_22514952.jpg

 鰹の醤油たたき。食べ方を教えてもらいました。まずそのままで食べて、その後薬味を載せろとのことで。

f0169800_2251414.jpg

 はらんぼ、というのだそう。鰹のお腹の所の身を焼いたもの。たたきを頼むと出してくれるらしいです。

 どれもこれも旨かったっす!

 この時は良かったんだけども、この後、もう一件で栗の焼酎をロックでいただき・・・。これ飲みやすくて、くいくいやっちゃって、偉い目にあいました。そう言えば、前回も酷い目にあったと、記憶。桂浜で昼寝してたのはそのせいだったはず・・・。栗の焼酎、旨すぎて危険だ。

ーーーーー
f0169800_22513022.jpg

 今夜の食事もついでにアップ。高知で美味しい蒲鉾(じゃこ天)を買ってきたので、おでんを仕込んでます。が、時間がかかるので、明日かな?ということで、肉豆腐をぱぱっと。久しぶりに鹿児島黒毛和牛5等級のすきやき肉。偽装問題多い昨今、大丈夫かいなと思いつつ、半額だったのでつい。
 しかし、脂が多い〜。赤見の方が私はやっぱり好み。まあ、とろけるようではありました。

f0169800_22593638.jpg

 ついでのついでに、連休中に頂いた、深夜のパンケーキもアップ。旨かったけども、翌日お腹がもたれてました(笑)牛乳は使わないで、卵、オリーブオイル、水でパンケーキミックスをテキトーに溶いて、蜂蜜をかけます。メイプルシロップは封切ると冷蔵しないとすぐ黴びるので、常備しておらず。海外行った時にせっせと持ち帰っている、蜂蜜なのでした。(良い蜂蜜、日本じゃバカ高いので)
[PR]

by noreizoko | 2013-11-06 23:02 | 旅-国内 | Comments(8)
Commented by saheizi-inokori at 2013-11-07 00:03
 どれもこれも旨かったっす!
当たり前だ、この幸せ者めが!
Commented by kuukau at 2013-11-07 00:08
おォォ栗焼酎、うまいっす。
「ダバダ火振」1升びん・・グイグイいけます。
Commented by etigoya13-2 at 2013-11-07 01:54
は〜本当にどれもこれも美味しそう。
目の毒ですな。

日本確かに蜂蜜高いですよねー。
純粋な物。
ロシアも決して他の食品と比べて蜂蜜は安くありませんが、日本と比べると随分とお安いです。
大体村で買うと気単位が3ℓとか5ℓなので日本で売っている瓶に換算したら破格に安いかも。笑
パンケーキ、深夜だったから?
有塩バターに蜂蜜が好きなのだけれど、村では無縁しか売っていなくて塩パラリとした物はまた違っていてちょっと違うの。
日本で焼いて食べようかなー。
Commented by ke-ko63 at 2013-11-07 22:11
ひろめ市場。たまらんですな。
何度となく高知へ行っていても、いまだあすこで飲んだことがない。
グダグダにのんだくれてみたいッス。
Commented by noreizoko at 2013-11-07 23:40
saheizi-inokoriさん、
 あーざす!
Commented by noreizoko at 2013-11-07 23:41
空子さん
 そうそう、ダバダ火振でした。おいしいっすね〜!
 お取り寄せできるようですが、危険なので、辞めときます。
Commented by noreizoko at 2013-11-07 23:44
越後屋さん、
 そうんなですよ〜。蜂蜜重いので、いつもどーしよっかなあ、と思うんですけども、きれいな純蜂蜜、近所のお店で買うと500gで二、三千円。欧米だと高くても1キロ10ユーロとか、10ドルとか。まあ、そんなに使うもんじゃないから、アレなんですけども。ついつい貧乏性で。バターと合わせるとまたぐっと・・。でもなかなか。
Commented by noreizoko at 2013-11-07 23:45
ke-koさん!
是非是非。私は一人飲みもけっこうここでします。気軽で楽しいっす。


<< おでん      錦糸瓜の漬け物とマルタイ。 >>