..., and trips

noreizoko.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 26日

インドネシア〜ジャカルタ&ジョクジャカルタ

f0169800_21414785.jpg

 元気になったので、インドネシアの様子を少し。ジャカルタ4日、ジョクジャカルタ2日の出張はスケジュールが詰まっていて、ほとんど自由時間がなかったのですが、プログラムとしてボロブドゥールに連れて行ってくれましたよ。20年くらい前にNHKで唐十郎さんがナビゲート役で案内していた番組を見て以来、一度訪れてみたいと思っていたので、大満足。痛いお腹を抱え(しつこい;^^)て、てっぺんまで上りましたとも。回廊の壁にかかれている、精緻な仏様の物語や、上に上がるほど、解脱に近づいていく様を、冷や汗を流しながらも(笑)魅入ってしまいました。ガイドさんが、「このお寺は、瞑想のためにあるのではなく、学ぶために作られたもの」と説明されていました。

f0169800_2212228.jpg

そして、遺跡にも感銘を受けましたが、遺跡からみる密林が圧巻!。仏様の視点で撮ってみました(笑)。私の写真じゃ伝わりませんが、辺り一面の密林!こんな密林の中に突如現れる遺跡って・・・。世界は広いですね。(写真をクリックすると少し大きくなります。)
 



インドネシア語が解らないので、食事は現地のスタッフにお助けいただいていましたが、ご飯に煮込みか炒め物のおかずにサテやガドガドを添えたもの、もしくは雑炊みたいなソトや麺を頂いていました。
f0169800_21424065.jpg

だいたいこんな感じ。ワンプレートも多かった。奥に映っている、茸の炒め物がおいしかったな。
f0169800_21501275.jpg

これは、同行のMちゃんがたのんだ和え麺みたいな感じのもの。他で私が食べた麺もそうでしたが、どうもインスタントの揚げ麺が主流のよう。インドネシアは米文化なんだなと思った次第。お米の方が口に合いました、まあ、たまたまかも知れませんが。奥に映っている、オレンジジュースにお湯を注いだ、ジュルック・パナス。絞りたての果汁に熱湯を注いでいるので、安心飲み物といことで、よく飲みました。砂糖をいつも抜いてもらってね。

f0169800_2151955.jpg

ジャカルタでは、ホテルと会議場の間のわずか5分ばかりの道程に、夜はたくさんの屋台がひしめいていたので、トライしてみました。
f0169800_2151494.jpg

Mちゃんが「炭火で焼いているサテ屋さんがありますよ」と臭覚を聞かせてと見つけてくれました。
鶏のサテと牛だと思われるサテを買ったら、小さいながらも30本くらいありまたよ。

f0169800_21523955.jpg

屋台のマダム!手際よくサテを焼いてくれました。ところで、せっかく美味しいのに、サテのソースにたっぷりと化学調味料を入れてました;^^)。あんなに入れなくてもなあと思う感じです。
f0169800_21532025.jpg

どうしても生ものを避けるし、外食が続くので、ビタミン不足を感じて。こんな物が売っていたので、思わず飲みましたよ。日本じゃ見かけないオレンジ味の方。ウーン、炭酸オレンジ!でした。

最後の方でお腹を壊してしまったけど、それまでは、昼、夜、出来るだけ食べた事のなさそうな物にトライして、楽しかったし美味しかったです。また行きたいっす。

最高気温28度 最低気温24度 湿度65% 曇り
[PR]

by noreizoko | 2010-06-26 22:40 | 旅-アジア・オセアニア | Comments(0)


<< 陶板でシラスのオイル煮♪       復活〜♪ お世話になった「豊穀... >>